パチスロ パチスロ昔話 パチスロ雑学

あからさまな遠隔操作で営業停止になったパチンコ屋の昔話

 

 


今回の話は20年以上前の話です。

かなり昔の話を思い出しながら書いているので、間違っている所もあると思います。年寄りの与太話と思って話半分で聞いてください。

 

 

現在のパチンコ屋で遠隔を行っている店はほぼ無いと言い切れますが(←言い切って無い)、過去には確実に遠隔が存在していました。

 

パチンコ台には外からの信号を受け取る機能がついていないので正規の基盤に「ぶら下がり」と呼ばれる基盤?を取り付けて大当たりの信号を正規の基盤に送っていたようです。

 

私は裏業界の人間でもましてや表の業界の人でもないので細かな仕様については詳しくはないのですが、昔のパチンコ雑誌で読んだ知識を活かして説明していきたいと思います。

 

 

バレバレ過ぎた遠隔

 

このお店では午後5時頃になると指定台の抽選が行われていました。

 

その時間になるとカウンター付近に行列ができ抽選が行われます。

私は行列に並ぶのが苦手なので参加した事がないのですが、抽選方法はくじ引きだったような気がします、よく覚えていませんけど…

 

そして見事当選した1名の方は大工の源さんの指定台を夕方から打つことができるのです。

爆裂機として人気だった大工の源さんは3段階設定付きの確変2回ループ機。

大当たり確率は

  • 設定1 369.5分の1
  • 設定2 405.5分の1
  • 設定3 438.5分の1

となっており、スロットとは逆に設定1が1番良い設定となります。

 

とはいえ設定1でも370分の1付近の大当たり確率なので当たらない時は当たらない…

 

はずなんですが…なぜがその店の指定台は必ず当たる。

 

釘を見てもそこまで開いている感じではない。

なのに抽選に当選した人は低投資で当たり、何箱も積み上げていました。

大当たり確率から考えても連日こんな当たり方をするのはおかしいとわかるレベルだったので

「こんなあからさまにやってて大丈夫なんかな?絶対遠隔…」

と不思議に思いましたが、

「たぶん客にとってはメリットしかないから誰も通報しないんだな」と一人で納得していました。

 

 

しかし1~2ヶ月後、その店は営業停止になり数カ月間休む事になりました。

 

遠隔で営業停止になったという噂はすぐに広まっていましたが、実際に関係者に聞いた訳でもないので憶測の域でしかありません。

 

とはいえあの状況では遠隔だった事は明白です。

 

違法営業が見つかった場合は営業取り消しになる場合もありますが、この時は営業停止で済んだようです。

おそらく「ぶら下がり」と呼ばれるものを使って遠隔で大当たりさせていたのでしょうが、それは指定台の1台だけだったのでしょう。

なのでそこまで悪質ではない、という事で営業停止だけで済んだのではないかと勝手に思っています。

 

気になったのはいったい誰が通報したのか?

 

やっぱりライバル店なのでしょうか…

今となっては真相はわかりませんが、1度くらいは恩恵を受けてみたかったものです…

 

遠隔や裏基盤の話

 

昔のパチンコ雑誌にはよく裏基盤の話なんかが載っていました。

参考

ここでいう裏基盤とはスロットに使われていた裏モノとは別の物です。

スロットの裏モノは爆裂仕様に変更された台の事ですが、扱う店も打ち手も裏モノと認識しているものでした。

すごい時代です。

 

遠隔のシステムを導入するのには3000万ほどかかるとか、裏基盤を設置するのはメジャーな機種でマイナーな機種に裏基盤が使われる事はないとかそんな話を読んだ覚えがあります。

その雑誌にはもっと怖い事が書いてあり、裏基盤には普通に打ってもほとんど当たらない様なものもあり、セット打ちでしか大当たりしないものがある、と…

それを読んだ当時は、一番の人気機種でメジャーだった海物語を警戒して避けていました。

 

当たらない台なんて絶対に打ちたくない…

 

参考

ちなみにその当時の最高ハマリはCRお茶の間劇場(315.5分の1)で1900回転ハマリ、次の日に200回転回してようやく当たりの合計2100回転ハマリです。

 

セット打ちタイプの裏基盤

 

これはゴト師が営業中に壁役の人に隠してもらってる隙に基盤を交換したり、夜中に忍び込んで取り換えたり、店長とグルになって交換したりといったもので、セット打法を使う事で大当たりします。

 

 

この場合はゴト師が毎日少しづつ出していったり、店長のこづかい稼ぎだったりするので、あっても1店舗に1台とかだったんじゃないかと思います。

 

昔は閉店後のトイレにゴト師が潜んでたなんてニュースもありましたね。

今のパチンコ台で基盤を交換するのはかなり難しいようで、リスクを冒してまで裏基盤でこづかい稼ぎをする店長はいないでしょう…

パチスロと体で稼げばいいだけです…

 

 

隣街には裏基盤を作ってる会社があるなんて噂もありましたが、どれもこれも大昔の話です。

 

 

終わりに

 

現在では遠隔や裏基盤の導入は費用やリスクに見合わないとして、ほとんどの店で行われていない事が確定的です。

しかし、こうして昔の遠隔の事情を見てみると、昔からあまり店側には導入するメリットは無かったように思います。

当時はそれなりに恐れていて、ブンまわる海物語なんかを警戒して打たなかった事がバカバカしく思えてきました。

 

それから…夜中にパチンコ屋に忍び込むのはやめて下さい。せめて覗くだけにしておいた方が良いです。覗いた話はまた今度…

 

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

人気記事一覧

1

  これはパチスロにまだモーニングというサービスがあった頃の話です。   その時代のパチンコ屋は店員も客もガラの悪い人物が多く、何か揉め事を起こせば事務所に連れて行かれてボコボコにされる…なんて噂をよ ...

2

    1月の初め…旅行に行った鹿児島で買ってきた芋焼酎がおいしくてハマってしまい、だらだらとした生活が続いていた…   昨年まではハイエナでそれなりの成績を収めていたものの…今年に入ってからは全く稼 ...

-パチスロ, パチスロ昔話, パチスロ雑学

Copyright© パチンコパチスロブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.