パチスロ パチスロ雑学

パチンコ屋って必要?失ってわかるパチンコ屋の大切さ


2020年4月7日、アベノマスクに続き、緊急事態宣言が発令され、対象地域のほとんどのパチンコ屋は自粛しているようでした。

そして今回さらに対象地域が全国になった事で日本中のパチンコ屋が自粛する事になってしまいます。

感染抑制のためですし、世間の目も厳しいですから今は仕方のない事でしょう…

 

しかし1ヶ月後…パチンコ屋の営業自粛が明けた時、皆さんは普通にパチンコ屋へ行くのでしょうか?

1ヶ月もパチンコ屋へ行かないと、もう必要ないと思ってしまうのでしょうか?

 

パチンコパチスロなんてただの娯楽…

なくてはならないというものでもない…

TDLもUSJも自粛してるし、今は健康のために娯楽は自粛するべきだ…

 

パチンコパチスロ好きの私もそう思い、早々と2月22日頃から自粛していました。

 

あれから2ヶ月近く…途中で15日ほど稼働を再開した期間があったものの、約1ヶ月半、ウイルスの恐怖に怯えながらパチンコパチスロを打たない生活を続けていました。

 

その間も得体のしれないウイルスは世界をむしばんでいました。

 

長い間、強いストレスにさらされた私の体はある時を境に少しづつ不調を訴えてきました。

 

発熱や咳、倦怠感がないにもかかわらず、

胸や背中の痛み、息苦しさ、収まらない動悸…死ぬんじゃないかと思うほどの心臓の悲鳴に襲われました。

 

その原因がウイルスじゃなくストレスだと気づいた時…

死の淵に立たされてようやく…

 

今までどれだけパチンコ屋が私を、

癒してくれていたのか

救ってくれていたのか

慰めてくれていたのか

 

どれだけパチンコ屋が大切な存在か…気付かされました。

結論

 

パチンコ屋は必要です。

 

※なお、この記事は個人的主観で書いています。専門的な部分はある程度調べたりしていますが素人が書いたものですのでご了承ください。

 



 

パチンコパチスロとは…

 

パチンコパチスロときいて真っ先に出てくるイメージと言えば…ギャンブル。しかし正確にはギャンブルではなく遊戯という位置づけになっています。

 

ここで言いたいのは正式にはどうなのかという事ではなく、個人個人の感覚としてどういう位置づけになっているのかという事です。

 

  • 競馬や競艇のようなギャンブル
  • ゲームセンターやカラオケの様な娯楽
  • TDLやUSJの様なテーマパーク

どれもしっくりきません…

パチンコパチスロはもっと身近なものの様な気がします…

 

そうです、ユーザーにとってパチンコパチスロとは酒やたばこの様なもの…いや…もっと身近な…人によっては糖分や塩分の様にある程度摂取しなければいけないものなのかもしれません。

 

それはそこにあって当たり前の存在…それがパチンコ屋。

 

もちろん糖分や塩分と同様に、取りすぎると体に害を及ぼす事もありますが、ほとんどの方は節度を守り、自分の予算や使える時間の範囲内で楽しんでいるのが現状です。

 

ではもしもこのままパチンコパチスロが消えてしまったらどんな世の中になってしまうのでしょう?

 

パチンコパチスロのない世界

 

パチンコ屋がなくなれば今まで負けてた分のお金が家に入ってきて、家族がいつもそばにいてくれて家事やお手伝いをしてくれる…と勘違いしてしまう方も多いと思いますが…

残念ながらそうはなりません。

 

今までパチンコで負けていたお金は異性に貢いだり遊んだりするお金にかわるだけで家には入ってこないでしょう…

これは人間の3大欲求から考えても当然の事で、お腹いっぱいになってぐっすり眠った人間は性欲を満たそうとします。パチンコに集中していれば浮気なんてしなかったはずなのに…

離婚率は一気に上昇するでしょう…

 

そして、もっと怖いのは気軽に立ち寄れる場所が無くなる事です。

人とのコミュニケーションが苦手な人は普通の飲食店やカラオケ、ネカフェなどの受付が必要な場所には気軽に入る事ができません。

趣味を失い、ストレス解消の手段を失った人達の心は次第に病んでいきます。中には家族に暴力を振るったり、世間に八つ当たりして犯罪を犯す者も現れるかもしれません。

そう考えると、今まで日本が平和だったのはパチンコ屋のおかげではないかとすら思えてきます。

 

では具体的にパチンコパチスロが人体や対人関係に与える影響とはどんなものなのでしょう?

 

パチンコパチスロの効果

 

パチンコパチスロ好きの方なら誰しも経験があるとは思いますが、少しお腹が痛い時…パチンコ屋にいるとお腹が痛いのを忘れています。

これはおそらく体内から癒しホルモンと言われるオキシトシンが出ているのでしょう。

このホルモンは親しい人や好きな人に触れらた時に脳内から出ると言われているものなので、自分の好きな台で遊戯している時に痛みを感じないのは当然と言えます。

ただし、風症状の時にはあまり効果を感じた事がないのでご注意ください。

 

そしてパチンコ屋といえば純恋歌にも出てくるように、恋人とケンカした時に頭を冷やすための場所でもあります。

もしもパチンコ屋がなければケンカは長びき確実に恋人と別れる事になっていたでしょう。

特に夫婦ともなればいつも家にいるよりはたまにパチンコにでも行ってくれた方がお互いケンカをせずにすみます。

 

この様にパチンコ屋には人と人との間に適度な距離を作ってくれる重要な役割があります。

もしもパチンコ屋がなければ人との適度な距離間を保てずに余計な争いを生み、ケンカや離婚、時には事件に発展してしまう事もあります。

 

そして、パチンコパチスロにはもう1つとても重要な役割があります。

 

今回このブログを書こうと思ったきっかけはまさにその事を言いたかったからと言っても過言ではありません。

それは誰もが知っている定番の理由です。しかしその効果の大きさに気づいている人は少ないのではないかと思います。

長年パチンコパチスロを愛してきた私でさえ今回のウイルス騒動がなければその効果の大きさに気付かなかったかもしれません。

 

それはパチンコパチスロには

【ストレスを緩和する作用がある】

という事です。

そんなの事知ってるよ、普段からストレス解消のために打ってるんだよ

なんて声が聞こえてきそうです。

しかし世間の人たちからすればその言い分は「パチンコ打つための言い訳」程度にしか思われていないでしょう、実際に、ほとんどは言い訳に使ってきました…

でも今回の事で気づいたのです…今までどれだけパチンコパチスロに助けられていたのかを…

 

皆さんも経験があるとは思いますが、

例えば

人間関係で上手くいっていない事がある

仕事の事で悩んでいる

家族の事で悩んでいる

 

など極端にストレスのかかるような悩みでも、パチンコパチスロを打ちながら色々と考えていると解決策が見えてきたり、悩みが軽くなったりした事があるのではないでしょうか?

私には思い当たる事がたくさんあります。

仕事のストレス、人間関係のストレス、家族間のストレス、それらを今まで乗り越えられてきたのは全てパチンコ屋のおかげと言っても過言ではないでしょう…

これには2つの理由があります。1つは

 

遊戯に集中し、大当たりを体験する事で快楽ホルモンであるドーパミンが分泌され、意欲ややる気が上がりストレスを忘れさせてくれる

 

もう1つは

 

好きな台に触れる事でオキシトシンの分泌が増え、それに伴い精神を安定させストレスを軽減させると言われるセロトニンが増えるからだと考えられます。

 

これにより今まで私の体は守られてきました。

 

こういう事を言うとただのギャンブル依存症だと思われるかもしれません。

しかし私は公営ギャンブルは一切やりませんし、家事だって時には手伝います。家族とも円満に過ごせています。

ほとんどの方は私の様に金銭的な負担を家族に押し付ける事なく楽しんでいるはずです。

 

それは趣味でゴルフをする人、釣りをする人、ライブに行く人、スポーツ観戦する人たちとなんら変わりないのです。

 

たしかにごく一部の人はギャンブル依存症になってしまう可能性もあります。

そしてそのネガティブな情報ばかりが注目されてしまいますが、それ以上に多くの人々をパチンコパチスロがストレスから救ってくれている事に気づいて欲しいのです。

パチンコパチスロが人々を狂わせるんじゃない…

ストレスで狂いそうな人々をパチンコパチスロが正常に戻してくれている…

その事に私は気付きました…

 

ストレスを溜めないために

 

具体的には幸せホルモンと言われ心のバランスを整えるセロトニンやオキシトシンを出す様な生活を心がけましょう。

  • 規則正しい生活をする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 日光を浴びる
  • バナナを食べる
  • 適度な有酸素運動をする
  • スキンシップ
  • 感動する

詳しくは「セロトニン」や「幸せホルモン」で検索してみるといいでしょう。

 

おわりに

 

緊急事態宣言により全国のほとんどのパチンコ屋は休業となってしまうでしょう。

 

それはパチンコパチスロが打てなくて辛くなるんじゃありません。今はこの様な状態ですし、いつかは打てる日がくるからパチンコパチスロを我慢する事はそこまで大変な事ではありません。

問題なのはストレス解消が出来ない事です。特に今までパチンコパチスロで知らずにストレス解消していた人は、その他の事で上手くストレス解消する事が出来ません。

そういった人達はどうしてもストレスが溜まり、気分が落ち込み鬱状態になりやすくなります。

私もその1人です。1ヶ月後にはたくさんの人が同じような症状で苦しむのかもしれません。

 

そうならないために、自分は大丈夫と思っている人も油断せずに早めからしっかりと対策をしてこのピンチを乗り切って欲しいのです。

心おきなくパチンコパチスロを楽しめる日が早く来る事を願っています…

 

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます。
↓ポチッをお願いします。

にほんブログ村 スロットブログへ


にほんブログ村

人気記事一覧

1

  これはパチスロにまだモーニングというサービスがあった頃の話です。   その時代のパチンコ屋は店員も客もガラの悪い人物が多く、何か揉め事を起こせば事務所に連れて行かれてボコボコにされる…なんて噂をよ ...

2

    1月の初め…旅行に行った鹿児島で買ってきた芋焼酎がおいしくてハマってしまい、だらだらとした生活が続いていた…   昨年まではハイエナでそれなりの成績を収めていたものの…今年に入ってからは全く稼 ...

3

    前回…連チャンした時の動画を見返していると、普段ならあるはずのないものが映っている事に気づき驚愕する… これこそが連チャンの要、そこにたどり着いた時、雷に打たれたような衝撃と共にある攻略法を閃 ...

4

    これは、現在究極のハイエナ機と言われる花伝に愛された男が連チャンの謎に挑んだ物語です。     稼働台数約50台 五光再臨もこいこいSPも引きました。     愛されるが故にたどり着いたヤメ時 ...

5

    皆さん、張り付いてますか?   私は普段はまったく張り付き行為はしないのですが、花伝のお宝台があまりにも捨てられていくので最近はあの手この手で張り付いてました。     今回はやってはいけない ...

-パチスロ, パチスロ雑学

Copyright© Futabaブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.